シークレットセオリー・フルオートEA【特典付きレビュー】

株式投資の負のスパイラル

株はすぐ負ける

株は稼げるというイメージが強いかもしれませんが、株というのはすぐ負けるものです。毎回勝てるなんてことはそうそうにありません。

「たくさんの負けをうまくおさえていくのが最後に勝つための秘訣です」

ってわかってても、さすがにいつも勝てなかったら焦りますよね?

最後にトータルで勝つというのはどこかで大勝ちを出していないとダメなんです。

じゃあその大勝ちが出てこないとき。あなたは焦っていませんか?

焦って、なんとか劇的な大勝ちを狙っていろいろな銘柄を買いあさったりはしていませんか?

これがすべてを破滅させる行為の代表格です。

気づかないうちに焦っている!

大勝ちを狙った焦りほどこわいものはありません。気づいたらあなたの口座からどんどんお金が減っていきます。

なぜか?

それは気持ちが焦っている分、冷静な判断ができないからです。

そして一度大負けをくらってしまうともう最後。気持ちが焦りに焦りまくります。

コツコツ負けているうちはまだいいでしょう。ただ、いずれそのコツコツ負けがどこかで必ず玉砕的な大負けを引き起こします。

これは先ほどもいったように気持ちが焦っているため、いつものようなまともな売買ができなくなってしまうからなんです。

負けの渦に入ったら最後。ずっと続けていたらまともな売買なんてできやしません。

まるでアリ地獄に落ちたかのようです。もがけばもがくほど苦しみます。

そうして大きな負けだけで終わればまだ大丈夫。

問題はそのあと・・・大きな負けを引き起こすとあなたの精神はさらに乱れます。自分では気づいていないところで乱れているんです。

乱れるとどうなるか。もはや冷静な売買どころの騒ぎではありません。

めちゃくちゃなことはやっていないつもりでも、翌月にその売買を見返したりすると、本当にひどいことをやっています。

つまり完全なる盲目状態。自分が何をやっているのかわからない状態。というか、冷静さを失うこともわかっていて自分は落ち着いて売買しているつもりでも、気づかないうちに乱れている状態です。

どうしてこんなことが起こるのか。

一回くらい勝ちが来そうなものじゃないのか。

そう思われるのは当然です。

しかし、ふだんのようなまともな売買をしていないため、多少ふだんがうまくできていても、この負けスパイラルでは素人同然です。

他の投資家たちのカモとして、日々働くハメになっているのです。

ギャンブルでもなんでもそうじゃないですか?

パチンコ、スロット、競馬。

負ければ負けるほど、次こそはと思ってつづけるとさらに負けつづけます。

どんな職業でもそうかもしれません。

作家はスランプ状態で小説を書けば駄作しか生み出しません。サッカー選手が不調のまま練習をつづけたら、さらに技術は悪化します。営業成績の悪い営業マンがそのまま営業をつづけていたところで何にも変わりません。

負のスパイラルにおちいったら?

あなたはふだんのお仕事や勉強が行き詰ったとき、何をしますか?

身体の調子が悪くなったらどうしますか?

答えはカンタンですよね。

そうです、「休む」です。

ふつうこんな最悪な状態であれば休みますよね?

スランプになれば一度手を止めてみる。不調なら少し練習を休憩する。営業成績が出ないなら、どこが悪いか反省する。こうやって一旦立ち止まるはずです。

立ち止まって、自分を見つめ直すことが人生の基本ですよね。

でもなぜか、株式投資の世界になるとこれをやらない人が多いんです。

多く負ければ負けるほど、その手を休めることなく次こそはとどんどん売買してしまう。むしろ通常よりも気合いを入れて、強気で売買していまいます。

本当は、これの逆をやらなくてはいけないのに。そう、「逆」です。

大きな負けをしたあとというのは、負けがつづくことを想定してください。

そしてその上で、気合いを抜いて弱気で売買することが必要なのです。

これはふつうに考えれば、変な考え方かもしれません。あきらめずにもっとがんばるというのが日本人の美徳ですから。

しかし株の世界ではそれは逆です。

大きく負けたときほどいさぎよくあきらめる!

しっかり休んで

次のチャンスに備える!

これが本当に大切なことです。

次はあれ、次はこれと数うてば当たるわけじゃありません。大きな負けのあとは必ず負のスパイラルがやってきます。数うっていたら破産街道まっしぐらです!

そもそもたくさん売買しなければいい!

こうやって書いてみると、株ってやればやるほど儲からないようなイメージがわいてきます。

実際問題、売買の回数を増やせば安定して稼げるってことはありません!むしろ、多額の損失を出してしまうことにもなりかねません。

では、損失を出さないためにはどうすればいいのか。

かんたんなことです。そもそもそんなに売買をしなければいいのです。

しかし、売買しなければ利益が出ないのでは・・・?と思われる方、それはちがいます。

株式投資で利益を出すコツは売買の数ではなく、むしろ長めの時間軸をとって、売買数を少なくし、リスクも減らしながら売買していくことです。

かといって、その時間軸が長すぎてしまうと、今度は多額の軍資金が必要にになります。1年以上もポジションを抱え込んでいる、というのはやっぱり効率が悪いですよね。

そこで、リスクも少なく、また適度に回転もできて効率よく資金運用できるのが「週足」を使うという手法です。

「週足」を使うということは、見る期間は1週間に1回だけ。週末の土日に、あるポイントをチェックするだけで、銘柄を選んでおくだけです。

つまり、平日お忙しいサラリーマンの方でもムリなく株取引で利益を出せるということなのです。むしろ、週末だけチェックすればいいだけなので、株が動いている平日に余計なことをしなくなり、精神的にも資金的にも負のスパイラルへは向かわなくなります。

週末だけ見る手法については、こちら↓でくわしくご紹介していますので、興味のある方は一度ご覧ください。

⇒週末だけの株式投資手法をチェックする

この記事に関連する記事一覧

Copyright (C) 2019 シークレットセオリー・フルオートEA【特典付きレビュー】  All Rights Reserved
サイト内の記事、写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を固く禁じます。